DENTURE義歯・かみ合わせ

義歯(入れ歯)についてDENTURE

義歯(入れ歯)について

歯そのものの色を白くする作業を「ホワイトニング」といいます。また、同じ意味で「漂白」とも「ブリーチング」とも呼ばれています。

残っている歯の本数によって入れ歯の形は様々です。入れ歯を作る素材は、プラスチックや金属などいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。

入れ歯のメリットデメリット

メリット

  • 取り外しが出来るので清掃が簡単
  • 残った歯を削らなくてもよい

デメリット

  • 取り外し式のため安定性が悪く、
    固い物がかみ難い
  • 口の中に違和感を感じやすい
  • 治療法により治療期間が長い

入れ歯の種類KINDS OF DENTURE

部分入れ歯

一部分の残っている自分の歯にバネをかけて安定させる入れ歯です。バネの部分に汚れがたまりやすいので、日頃の手入れを入念に行う必要があります。また、長く使っているとバネの部分がゆるくなったりすることがあるので、そのような場合は歯科医院で調整してもらいましょう。

部分入れ歯
レジン床入れ歯

レジン床入れ歯

歯ぐきにあたる部分がプラスチックで出来た入れ歯です。プラスチックなので落とすと割れてしまうことがありますが、修復は容易にできます。

金属床入れ歯

歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。使用する金属はチタンやコバルトクロムなど様々な種類があります。

プラスチックよりも薄くできるので、違和感が少なく、熱を伝えるので、食べ物がおいしく食べることができます。

金属なので丈夫ですが、壊れた際に修復するのが困難です。金属床の入れ歯は保険適用外になります。

金属床入れ歯

マグネット式入れ歯

残った歯と入れ歯に磁石をつけて、磁力により固定する入れ歯です。
バネを使用しないので、見た目が自然です。
保険適用外になります。

診療案内

医療法人社団蒼天会Shiosai Dental clinic 0436-42-4031

千葉県市原市八幡字海岸2381-1ベイシア市原八幡店1F

[アクセス]
  • 土日祝診療
  • 夜20時まで診察
blog IMPLANT NET
bk_top